眠り行くいのち


紅葉だー。
実は秋から冬にかけてのこのかんじがわたしはあまり得意ではない。
すすきが白くなったり、葉っぱが舞い落ちたり、そこら中の草が白茶けた色になって枯れていくかんじがなんだかとてもさみしい。
いのちが色褪せていくとでも申しましょうか。
春の若草の色が大好きで心弾むから余計にそう思うのか、
今の時期は草木が死んでいくような感覚がしてどうにも。
いっそ早く雪が降ってくれた方が、眠ってる感があって好きなんだ。

さて、今日からまたお仕事です。
すっかり落ちてしまったからだのギアを上げていかんとなあ。
原稿と、年賀状と、カレンダーと…やること山積みよ!
わたし来年まで生き抜いて、ドラゴンボールの映画観に行くんだからね!