お悔やみを

藤原ここあ先生のご冥福をお祈り申し上げます。
藤原先生の作品に感動をもらいました。
どうか安らかに。



本当、人間なんていつ永遠に会えなくなってしまうかわからなくて、
だから友愛でも尊敬でも恋慕でも感謝でも、感じたその時に相手に伝えておきたいと感じたのでした。
大切に思うひとを大切に、1日ずつ踏みしめて生きたい。


関係者の皆様も、プライベートの皆も、
読者の皆様も、わたしの今までに関わってくださった方々ありがとう。
どうかみんなの日々が輝かしくて優しいものでありますように。