いきるということ


理由もわからず生まれてきて、理由もわからずただ生きるのです。
メダカの稚魚が12匹生まれました。
あとどれくらい孵るのかな。
完全なる近親交配だから弱そうなんだけど、
卵のなかでくるくる回ってるのをほっといて親に食べられちゃうのが忍びなくて育てることにした。
去年40匹以上生まれた子達は、今4匹しか残ってなくて、育てるの難しいなと思うばかり。
もっと大きい水槽でゆったり飼ってあげられたらいいのに。
明日から仕事場いく予定なので、帰ってくるまでにどれくらい減っちゃうのか怖い。
育てるのかわいいし楽しいんだけど、死んじゃうといちいち悲しくて無力感に苛まれるのがつらい。
何も殺さずに、誰も傷つけずに生きれたらいいのに。