ノスタルジア


梅酒風味ノンアルコール。
家の氷がかび臭いけどもうしょうがない(´・ω・`)

私世代が子供の頃は未成年の飲酒が今ほど固くなかったので、夏場はちょびちょび梅酒飲ませてもらってたり、
弟が親父のビールの泡すすらせてもらってたり、
正月やひな祭りとかになると甘酒飲めって言われたりしてたものでした。
※夏海は甘酒は嫌いなのでほぼ飲まなかった。

夏の長い休みっていうのが、絶妙に子供の頃を思い出して懐かしくなります。
夏の朝はラジオ体操行ってセミの脱け殻くっつけて帰ってきて、
朝顔観察して、
セミ採りに行って、
川行って、
扇風機(今ほど暑くなかったから扇風機で充分だった)の前であーーーーって言って、
夕暮れは、車庫で枝豆もぐの手伝って、
材木置き場にカブトムシ採りに行って、
セミの羽化見て。
食べるのより作るほうが好きで、かび臭いかき氷しょりしょりすりおろしたな。
同い年の、子供を持つ人たちは、今もそんな夏を子供と過ごしてるんだろうなと思うと、なんともいえないきもちになるけど。

今日はノンアルコール梅酒をお供に、夏のご挨拶の準備。